床の美しさを保つ

フローリング

日本の住宅の多くは、床材としてフローリングが採用されています。
フローリングは、木の暖かみがあり、見た目も美しいという魅力があります。ですが、耐久性の点ではベストとは言えません。
なぜなら、フローリングは木でできているため、水気、衝撃、日光などによる影響を受け易いからです。それらの影響を受けると、せっかくの美しさが半減してしまいます。

【ワックスコーティング】

フローリングをより美しくする方法の1つが、ワックスコーティングです。
フローリングの表面に床専用のワックスを塗ることによって、きれいなツヤを出すことができます。木そのもの以上に、美しい光沢が期待できます。
ですが、ワックスをかける作業は、簡単なものではありません。床をキレイに掃除してから、雑巾などで手作業で塗り広げていくのが基本です。
ワックスをかけおわったら、乾くまで1時間くらい待つ必要があります。人によっては、ワックス独特の臭いが苦手な人もいることでしょう。
また、耐久性に乏しいため、定期的に塗り替える必要もあります。耐久年数は3年程度と言われていますが、年末の大掃除に合わせて塗り替える人が多いようです。

【フロアコーティング】

ワックスがけ

ところが、ワックスより簡単に、床の美しさを保つ方法があります。それは、フロアコーティング施工を行うことです。
フロアコーティングとは、専門の業者に依頼して、フローリングの表面に加工を施すことです。耐久年数が長いので、一度施工すれば10年前後は美しさを保つことができます。フロアコーティングの種類によっては、20年も機能を維持できるものもあります。
フロアコーティングを行えば、見た目の美しさだけでなく、床の丈夫さを高めて扱いやすくすることもできます。

2018年11月
月 火 水 木 金 土 日
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930